住宅の新築、リフォームニュースひろい読み

住宅の新築、リフォームの最新ニュースをひろい上げます。

家庭用蓄電池をとりまとめて発電所に 実証事業がスタート

 エネルギー・オプティマイザー(東京都港区)は6月6日、家庭の蓄電池などを取りまとめてVPP(バーチャルパワープラント、仮想発電所とも呼ばれる)を構築する実証事業を開始した。

 同社はVPPの普及にあたり、技術的・体制的に制御が困難な家庭用蓄電池など小規模なリソースをいかに活用するかという課題に注目。それらをコントロールするためのクラウド型プラットフォームを構築した。今回の実証事業では、需給調整の指令に対し、調整力として短時間で小規模リソースの制御を統合して行う実証に取り組むという。



 VPPは、工場や家庭にある蓄電池や太陽光発電、照明や空調といったあらゆるリソース(電源)をネットワークでつなぎ、一つの発電所のようにまとめて制御を行う仕組みのこと。リソースを連動させることで、電力網の需給バランスを調整しやすく、電力の有効活用が期待できる。
 
 同実証事業は、経済産業省資源エネルギー庁の2018年度「需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント構築実証事業費補助金」のうち、「VPPアグリゲーター事業」に採択されている。

Source: 新建ハウジングDIGITAL(新建新聞社)

記事一覧

アーカイブ

サイトマップ

RSS