住宅の新築、リフォームニュースひろい読み

住宅の新築、リフォームの最新ニュースをひろい上げます。

1万円以上も!? エアコン買い替えには本体価格以外にも費用がかかる?

「あ~、暑い……」

エアコンを本格的に稼働させるシーズンが間もなくやってきますね。

その前に買い替えを検討している、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

我が家でも、最近エアコンを買い替えました。

そのときに、「えっ!?」と思うような、予想外の費用がいくつかあったので、まとめてみます。

エアコン”買い替え”は、プラス料金が必要!

まず気をつけたいのが、エアコンの”買い替え”は、新しく設置するよりも諸費用がかかるということ。

エアコン



家電量販店やネットで表示されている販売価格を見て「これぐらいなら払えるわ」と、予算ギリギリで決めてしまうと、赤字になってしまうかも。

とくにエアコンの買い替えは、本体の販売価格だけでは、設置できません。

 

まずかかる費用は「取り外し代」と「リサイクル料金」

費用明細

買い替えをするとなると、まず現在あるエアコンを撤去しなければなりません。

そのために、「エアコンの取り外し費用」と廃棄するための「リサイクル料金」が別途かかります。

具体的には、取り外し料金6,000円と、リサイクル料金と900円の合計6,900円(ヤマダ電器の場合)。

これは、販売店での契約時に本体価格と一緒に支払いました。

配送料無料の家電量販店で購入したので、エアコン購入時に支払った諸費用は以上でした。

 

直管2mまでで5,000円かかる「エアコン配管化粧カバー」

エアコンの配管の化粧カバー

エアコン設置の業者さんが来訪したときに、その場で支払う費用もあります。

設置当日、業者さんにまず聞かれたのは、エアコンの配管の化粧カバーをつけるかどうか、ということ。

配管の化粧カバーとは、室内機と室外機をつなぐ配管が露出しているため、それを見栄えよくするカバー。

これは配管の劣化も防ぎます。

室外化粧カバーは直管2mまで5,000円(ヤマダ電機の場合)。

つける、つけないは、任意。

つけなくても作動に関係ないとのことなので、我が家ではつけませんでした。

その場合は、配管テープを巻いてくれます。

 

1mで1,000円かかる「ドレン断熱処理」追加工事

ドレン断熱処理

次に追加工事が必要だと言われたのが「ドレン断熱処理」

これは、配管の中の温度と、外気の温度に差があるために生じる結露を防ぐための処理。

設置時にしかできない工事とのことで、設置業者さんからは「必要」と強く勧められました。

料金は、1m1,000円。

高くはない追加工事代金ですが、今まで一度も言われたことのない追加工事だったので、断りました。

なにせ、工事業者さんとは、初対面で、顔を合わせてから数分しかたっていない、信頼関係が成立していない時。

そんな相手に、今まで聞いたこともない名前の追加工事を迫られて、「ぼったくられている?」という疑念しか浮かびませんでした。

しかし、後から調べてみると、これは必要な工事。

これが施工されていないと、配管の下が結露でびしょびしょになってしまうこともあるそうです。

 

エアコン

y_seki / PIXTA(ピクスタ)

我が家の場合は、プラスでかかった(かかりそうだった)追加料金はココまででしたが、そのほかにも、配管の長さや室外機の設置場所など、場合によって、1万円以上の費用がかかることもあります。

また販売店によって、料金が異なりますので、エアコン本体の価格を比較すると同時に、追加工事料金のチェックもしておいたほうがよさそうです。

Source: 日刊住まい

記事一覧

アーカイブ

サイトマップ

RSS