「OK Google,おはよう!」と話しかけるだけで照明やエアコンが作動。未来型の住まいとは?

「OK Google,おはよう!」と話しかけるだけで照明やエアコンが作動。未来型の住まいとは?

 

「OK Google,おはよう!」と話しかけるだけで照明やエアコンが作動。未来型の住まいとは?


株式会社LIXIL(リクシル)は、家電や電子機器だけでなく、玄関ドアや窓シャッターまでスマートスピーカーやスマートフォンで連携させ、トータルでつなげる「住まいのIoTシステム」を開発したと発表。報道関係者向け記者発表会が、12月4日に開催された。

LIXILは“これからの住まい”として「太陽光発電などを使用した省エネ・健康・快適な住まい」「人・モノ・情報がつながる、より便利で安心な暮らし」をコンセプトに、IoTシステムを開発。住まいの建材や機器、センサーをリンクさせることでひとつ先の便利と安心を提供する。

新システムは、家電やスマートメーター、給湯設備などをコントロールする「ホームコントローラー」と、カメラやスマートスピーカーと連携する「リンクコントローラー」をルーターによって構成。またスマホアプリによる一括管理・コントロールも可能だ。
住まいの建材がスマートスピーカーに対応するのは国内初。名称は未公開(商標登録中)で、2018年4月より全国発売の予定だ。

システムを使用する流れとしては、起床後に「OK Google おはよう!」とスマートスピーカーに話しかければ、予め設定したカーテンやシャッター、照明が作動。出勤で外出する時に 「OK Google 行ってきます!」と言えば消える仕組みだ。

帰宅後は玄関のドアを開けるだけで照明やエアコンなどが作動するという画期的なシステム。これらはスマートスピーカーに話しかけるだけで作動し、リモコン操作も不要。
子供が帰宅すると玄関ドアの開閉がきっかけでカメラが連動。撮影された映像付きのメールを受け取ることもできる。

また同システムでは、水道やトイレの使用状況によって離れて暮らす実家の様子もわかるので、高齢の両親を持つ子ども世代にとっても大変心強い。
さらに一般的な家電製品で使われる赤外線式リモコンも組み合わせることが可能で、暮らし方に合わせた機能を自由にカスタマイズできるのも特徴だ。

IoTシステムに連携するスマートスピーカーはGoogle amazonを予定。電動シャッターや電気錠は既存のLIXILの商品で対応し、サッシ回りや水回りについては他社の商品にも連携可能できるよう開発する。初期費用は10万円程度を想定し、月額サービスプランを展開する。

リクシルは今後もIoTシステムに加え、建材・住宅設備との連携強化だけでなく、さまざまな企業の先進デバイスとのリンク強化を計画。さらに将来的には地域コミュニティーやサービスとの連携も視野に入れ、より快適な住生活の実現を目指した開発を進めていくという。





一戸建てリフォーム専門
インスタ集客ノウハウ





ツイッター(twitter)集客ツールが無料


スポンサーリンク