Web接客ツールって実際どうなの? 効果が出る業種は? 導入企業の事業規模は?

Web接客ツールって実際どうなの? 効果が出る業種は? 導入企業の事業規模は?




「ecコンシェル」「f-tra CTA」「ZenClerk」「Chamo」といったWeb接客サービスを運営する4社の担当者が一堂に会し、「Web接客って結局どうなの? ベンダー4社とEC-CUBEが語るオンライン接客の今とこれから」と題したトークセッション(7月12日開催で、EC-CUBE主催)が行われた。

Web接客ベンダーの4担当者が語った「Web接客の今とこれから」を要約して紹介する。

「Web接客」「オンライン接客」という言葉が注目されるようになって久しい。重要さが語られることも多いが、多くのサイトに導入されているかというとそうでもないという。

EC-CUBEを運営しているロックオン コーポレート戦略本部 コーポレート戦略部の梶原直樹氏は、冒頭で次のように語った。 “>>>
売上アップという最終目的のために、まずやるべきことはマーケティング。ですが、「マーケティングなんてまだまだできません」という会社は多い。

今後、マーケティングができなかったらこれから生き残っていけないのは明らか。マーケティングツールはいろいろあるが、「まずはWeb接客からやってみてはどうですか?」とお薦めしたい。
<<<” 登壇したのは「ecコンシェル」「f-tra CTA」「ZenClerk」「Chamo」といったWeb接客ツール提供ベンダー4社の担当者。 4社のサービスは下記のとおり。

□ ecコンシェル AIが自動でABテストを実施。売上、購入率、直帰率を改善 □ f-tra CTA(エフトラ・シーティーエー) ユーザーの行動履歴に基づき、最適なオファーやコンテンツ情報を表示 □ ZenClerk(ゼンクラーク) 「購入を迷っている人」をAIが判別してクーポン表示 □ Chamo(チャモ) 自動回答スクリプトで定型的な質問に自動回答

  「ecコンシェルは月間100万PVまでは無料のプランがあります。例えば農業のかたわらでECサイトを運営している方から、大型サイトまで利用いただいています」(ecコンシェル・羽矢崎氏)

「すべての機能を5万円から利用できるので、従業員数が10名以下で専任のマーケティング担当者がいない企業も多く利用しています。

デジタルの広告費が月間100万円を超えるようなトラフィックの多いサイトでは、専門コンサルタントによる運用支援プランを利用することが多いです」(f-tra CTA・平井氏)

「ZenClerkスタンダードプランは月商3,000万以上のサイト。ZenClerkライトはAIの技術進歩、基盤のエンジンが成長したことによって誕生したプランで、月商200~300万円以上のお客さまも利用しています」(ZenClerk・太田氏)

「月商30万くらいの個人事業主の方も利用しています。PVが高くなくても単価が高い商品は、チャットでクロージングするのに相性が良いです」(Chamo・飯降氏)

 





一戸建てリフォーム専門
インスタ集客ノウハウ





ツイッター(twitter)集客ツールが無料


スポンサーリンク




興味

Posted by jyutaku